トップページ > 各課・市内公共施設 > 市民生活部 商工生活室 > 労政 > 労働問題についてご相談ください

労働問題についてご相談ください

最終更新日:2016年4月28日

労働問題とは?

 合意のない労働条件、賃金不払残業、長時間・過重労働、パワハラなど、労働問題全般について、お悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。
※各項目をクリックすると、関連サイトへジャンプします。


ブラック企業ブラックバイト

 若者を大量に採用し、低賃金で長時間労働を強いて、社員を選別し大半を退職に追い込むといった、若者の「使い捨て」が疑われる企業、いわゆる「ブラック企業」や、低賃金のまま重い責任や重い労働をアルバイトに強要する「ブラックバイト」が今、社会的に大きな問題となっています。

⇒ 相談先:労働条件相談ほっとライン   0120-811-610

         埼玉県若者労働ほっとライン 048-830-4522

 

パワハラ

 パワーハラスメント(パワハラ)とは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。


⇒ 相談先:
埼玉労働局総合労働相談コーナー 048-600-6262

 

 セクハラ

 セクシャルハラスメント(セクハラ)は、「職場において、労働者の意に反する性的な言動が行われ、それを拒否することにより解雇・降格・減給などの不利益を受けること」又は「性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に悪影響が生じること」をいいます。


⇒ 相談先:
埼玉県労働相談センター  048-830-4522

行政機関等の相談窓口

年金・労働相談(蕨市) 電話:048-433-7745

 年金に関することや職場におけるトラブル(残業代が支払われない、セクハラ等)の相談を受け付けています。


相談日:毎月第1水曜日
時 間:13時〜15時
場 所:市役所市民活動推進室(市役所正面入口左手)
相談員:社会保険労務士


※相談日は、祝日や会場の関係で日程を変更する場合があります。詳細は、イベントカレンダーや広報蕨で確認するか、市民活動推進室へお問い合わせください。
※予約制ですが、当日空きがあれば利用できます。
※相談は、無料です。


埼玉県労働相談センター  電話:048-830-4522

 賃金・退職金や労働時間などの労働条件、採用や退職、労務管理上の問題など、労働者及び経営者が抱える問題についての相談(面談・電話) を受け付けています。

埼玉県若者労働ほっとライン  電話:048-830-4522

 長時間労働や残業代の未払いなど、若者の使い捨てが疑われる企業等に対応する労働相談を、労働諸法令の専門家である社会保険労務士が電話で相談に対応します。
受付日時:第2・第4土曜日 10時〜16時 
 

労働条件相談ほっとライン(厚生労働省委託事業)  電話:0120-811-610

 労働者、事業者の労働条件の悩みに平日の夜間(月・火・木・金の17時〜22時)と土・日(10時〜17時)に電話で相談を受け付けています。詳しくはパンフレット(PDFファイル) をご覧ください。

埼玉労働局総合労働相談コーナー  電話:048-600-6262

  労働条件、募集・採用、セクハラやパワハラなどの相談(面談・電話)を受け付けています。

このページへのお問い合わせ先

市民生活部 商工生活室
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所2階
電話:048-433-7750
E-mail:shouko@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。