トップページ > 各課・市内公共施設 > 総務部 政策企画室 公共施設マネジメント推進担当 > 公共施設等マネジメントの推進

公共施設等マネジメントの推進

最終更新日:2017年5月8日

公共施設等マネジメントに取り組む経緯

 本市の公共施設の多くは、昭和45年から平成2年頃にかけて建設しており、今後、老朽化に伴い更新時期を迎える施設が増加し、維持管理等に多額の費用が必要になることが見込まれます。また、厳しい財政状況や少子高齢化の進展による人口構造等の変化によって公共施設等の利用需要が変化していくことも見込まれ、これまでに整備した公共施設等を現状のまま維持・管理していくことは困難が予想されます。
 そうしたなか、平成26年4月に「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針」が国から示され、速やかに策定に取り組むよう要請がありました。市は、上記の課題と国の要請を踏まえて、平成27年度から始まった「コンパクトシティ蕨」将来ビジョン推進プランの推進項目に公共施設等マネジメントの推進を位置付け、公共施設等の総合的かつ計画的な維持管理に向けた取り組みを実施しています。

公共施設等総合管理計画の策定

 少子高齢化等による公共施設等の利用需要の変化や、厳しい財政状況における公共施設等の老朽化に対応するため、長期的視点を持って公共施設等の維持管理を行うための基本的な方針を示す「蕨市公共施設等総合管理計画」を平成29年3月に策定しました。

◎蕨市公共施設等総合管理計画(本編)

◎分割版

表紙・目次・はじめに

1.計画について
2.公共施設等の現況及び将来の見通し
3.公共施設等の管理に関する基本的な方針
4.施設類型ごとの管理に関する基本的な方針
5.公共施設等マネジメントの推進体制

資料 公共施設等の状況
用語解説

◎蕨市公共施設等総合管理計画(概要版)

計画策定の過程で、「蕨市公共施設等総合管理計画」(案)に対するパブリック・コメントを、平成29年2月1日(水)から2月22日(水)まで実施し、2名の方から7件の意見をいただきました。意見及び市の考え方についてはこちらをご覧ください。

公共施設等マネジメント白書の作成

 平成27年度に、(一財)地方自治研究機構との共同調査研究として、本市が所有する公共建築物、道路、橋りょう、上下水道といったインフラを含む公共施設等を対象とする「蕨市公共施設等マネジメント白書」を作成しました。
 作成にあたっては、大学教授や研究機関職員などの有識者や関係部長等で構成する調査研究委員会を設け、公共施設等の現況、更新費用の試算等に基づく分析、評価等を行い、将来の人口動態、財政状況、市民アンケートによる意向等も踏まえながら、公共施設等総合管理計画の策定に向けての基本的な方向性等を取りまとめました。
 詳しい内容については以下をご覧ください。

◎蕨市公共施設等マネジメント白書(全編)

◎分割版

 表紙
 はじめに
 目次

 序章 調査研究の概要
 第1章 公共施設等の総合管理に関わる蕨市の特徴
 第2章 公共施設等の用途別現状分析
  施設一覧、調査項目
  1.行政施設〜4.老人・障害者福祉施設
  5.児童福祉施設〜7.図書館・資料館
  8.体育施設〜15.インフラ(総量など)
 第3章 近隣市及び同規模市の比較分析・評価
 第4章 公共施設等の維持・更新費用等の分析
 第5章 公共施設等に関わる市民意識の分析
 第6章 公共施設等マネジメントの基本的な方向性の検討

 資料編

このページへのお問い合わせ先

総務部 政策企画室 公共施設マネジメント推進担当
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所3階
電話:048-433-7698
E-mail:seisaku@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。