トップページ > 各課・市内公共施設 > 総務部 庶務課 人権担当 > 「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

最終更新日:2017年6月9日

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 同和問題とは、日本社会の歴史的発展の過程で形作られた身分階層構造に基づく差別により、日本国民の一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低位の状態を強いられ、日常生活の上で様々な差別を受けるなど、わが国固有の重大な人権問題です。
 同和問題の解決を図るため、これまで国や地方公共団体を含めて様々な取り組みがなされてきましたが、現在もなお、部落差別が存在し、情報化の進展に伴い状況の変化も生じています。
 こうした状況を踏まえ、平成28年12月16日に「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました。この法律は、部落差別は許されないものであるとの認識を明らかにした上で、部落差別の解消を推進し、もって部落差別のない社会を実現することを目的としています。
 同和問題を正しく理解し、一人一人の人権が尊重される社会の実現を目指しましょう。

関連ファイル

クリックするとダウンロードできます。

関連リンク

サイト内リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、蕨市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

このページへのお問い合わせ先

総務部 庶務課 人権担当
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所3階
電話:048-433-7705
E-mail:shomu@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。