トップページ > 各課・市内公共施設 > 秘書広報課 > まちの話題 > 蕨市シンボルマーク市民投票

蕨市シンボルマーク市民投票

最終更新日:2009年4月17日

2月1日から23日まで行いました蕨市シンボルマークの市民投票にご協力ありがとうございました。

蕨市シンボルマークってなに?

シンボルマークは、自治体や会社などを表すマークです。

蕨市には、昭和34年4月の市制施行時に制定した市章(もともとは大正4年7月に旧蕨町章として制定)がありますが、ちょっぴり格式が高く敷居が高いといったイメージがあるようです。
そこで、市民の皆さんが気軽に使えて、視覚的にも蕨市を知ってもらえる親しみのあるマークを作り、50周年を契機に、蕨市を市内外にもっとPRしていこうと、シンボルマークを作ることにしました。
シンボルマークの制定に当たっては、平成20年10月から11月にかけて、全国から作品を募集しました。その結果、1011件もの応募があり、審査委員会(有識者や市民などで構成)を経て5作品に絞り込みました。

市では、この5作品の中から、市民の皆さん1人1人の投票によって、蕨市のシンボルマークを決めたいと考えています。

どのマークに決定するか、皆さんお楽しみに!!

蕨市シンボルマーク候補の5作品

 ひらがなの「わらび」をモチーフに、未来へ飛躍・発展する蕨市の姿を、まちづくりの主役である市民の笑顔で表現。また、色は、赤色がまちに広がる活力、緑色は安全や安心、心の豊かさ、橙色は夢や希望などを表しています。

 蕨市の頭文字「わ」のひらがなをモチーフに、緑色は蕨市を、赤色の輪で市民の交流・触れ合い、まちづくりを、翼に見立てた水色は蕨市の飛躍・発展を表しています。

 WARABI(わらび)の頭文字「W」をモチーフに、未来へ飛躍・発展する蕨市を表現。中央の丸は蕨市、上の5つの丸は市内5地区、中央の丸とWで両腕を広げている市民の姿を表し、その市民の腕から、市民憲章にある、「美しいまち」 、「しあわせな家庭」、「健康で明るい地域社会」、「心豊かなまち」、「新しい文化」の5つをつくりだすことを見立てたボールを掲げています。

 蕨市の頭文字「わ」のひらがなをモチーフに、新時代を目指して伸び出した蕨市を植物の「蕨」の新芽に見立て、その新芽を丸で表した市民が包み込みながら、未来へ飛躍・発展する蕨市の姿を色彩豊かな機祭りの吹流しのイメージで表現しています。

 WARABI(わらび)の頭文字「W」をモチーフに、市民が力を合わせて未来へ進む姿、また、市民と市がいっしょになって住みよいまちを目指している姿を表現。また、色は、青色が無限の可能性、緑色は発展を表しています。

このページへのお問い合わせ先

総務部 政策企画室 政策企画担当
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所3階
電話:048-433-7698
E-mail:seisaku@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。