トップページ > 各課・市内公共施設 > 秘書広報課 > まちの話題 > 第59回わらび機まつり

第59回わらび機まつり

最終更新日:2009年7月27日

蕨の3大まつりの1つ、「第59回わらび機まつり」が8月6日(木)から9日(日)までの4日間、開催されます。名物の趣向を凝らせた多くのきれいな「七夕装飾」や「ふれあいプラザ」では子どものお楽しみコーナー、皆さんで参加できる「手おどり」など楽しさ盛りだくさん。ぜひ、皆さんおそろいでお越しください。

○機まつりとは
江戸時代末期から塚越村を中心に綿織物業が盛んとなった蕨は、昭和30年代までその生産が行われていました。
「機まつり」は、双子織(ふたこおり)などを世に出し、蕨の綿織物業の発展に大きく貢献した塚越村の高橋家5代目新五郎氏が織物業を始めた日だと伝えられている8月7日、織物業の繁栄を願って行われた行事が始まりと言われています。

※写真は去年のお祭りのもようです
 hata1
会場のひとつ、蕨駅西口商店街
 hata2
北小学校児童の作品
 hata3
さまざまな七夕装飾

hata4 
いこいの広場は、子どもも楽しめる催しがあります。
 hata5
hata6
手おどり 

 hata7
夜は、七夕装飾が
ロマンチックに彩ります
 hata8
hata9
 

詳しくは、こちらのポスターを御覧ください!
 Pos

関連ファイル

クリックするとダウンロードできます。

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。