共通メニュー

トップページ > 蕨市立病院 > 診療科一覧 > 産婦人科

産婦人科

最終更新日:2017年7月31日

外来医師担当表

 【午前】

 
1診(婦人科) 黒牧 謙一 ☆深澤 優美 ☆菊川 敦子 ☆川邊 絢香 王 良誠 高木 章美
2診(産科) 王 良誠 王 良誠 ☆川邊 絢香 中村 永信  重松 幸佑 王 良誠
3診(産科・4D・特診)  深間内 一孝  黒牧 謙一  高木 章美  高木 章美 黒牧 謙一 ☆菊川 敦子 

 ※☆印は女性医師です。 

 ※休診・代診の情報はこちら

受付時間

【午前】
月曜日から金曜日:午前8時30分から午前11時30分
土曜日:午前8時30分から午前11時

予約に関するお電話は、当日の件でなければ、平日の午後2時〜4時半の間でお願いいたします。
初診の患者様は予約をお取りできませんので、午前中の診療時間内に来院して下さい。
前回の受診より3ヶ月経過した場合や異なる症状での受診の場合は、初診の扱いとなる場合がございますのであらかじめご了承下さい。

産婦人科のご案内

私ども蕨市立病院産婦人科は、日本産科婦人科学会の専門医制度卒後研修指導施設の指定を受けており、専門医資格を有する臨床経験豊富な医師をはじめ、看護経験の豊富な多くの助産師、看護師により運営しております。
私どもの産婦人科で行われている診療内容について、ご紹介させていただきます。


◇医師紹介

副院長 黒牧謙一 日本産科婦人科学会専門医
医学博士 
産婦人科部長 高木章美 日本産科婦人科学会専門医
医学博士
産婦人科部長 菊川敦子 日本産科婦人科学会専門医
産婦人科部長 王良誠 日本産科婦人科学会専門医
産婦人科医長 川邊絢香 日本産科婦人科学会専門医


※ 菊川医師及び川邊医師については、産休となっておりましたが、それぞれ復帰しました。どうぞよろしくお願い致します。

◇外来診療

○基本的に曜日ごとに婦人科・産科を担当する医師を決めて勤務を組んでいます。
また、外来での待ち時間が短くなるように、再来の患者さまにはおおまかな時間枠指定による予約診療を心がけています。

産科外来 通常の妊婦健診のみならず、さまざまな合併症をお持ちのリスクの高い患者さまに対しても当院で対応できる範囲での高度の医療を提供しています。また、より高度の医療が必要と判断された場合には、逡巡することなく大学病院や周産期センターなど適切な医療機関へご紹介する体制をとっています。
妊婦健診 毎回、超音波検査を行い、母体・胎児に異常のないことを確認していますが、希望される方には超音波検査の画像をDVD−RWに録画するサービスを行っています。また、当院には4D超音波画像を録画できる機器もあり、有料・予約制にて行っています。さらに、特殊検査として高齢妊娠の方などで、ご希望される方には、自費にて羊水染色体検査※や母体血清マーカー検査(トリプルマーカー検査、クアトロテスト)をおこなえるようになっています。

             ※羊水染色体検査及び4Dエコーについては、当院で妊婦健診または分娩予約されている方を対象としております。
               他院からの紹介等による場合は、お受けしておりません。ご了承ください。

婦人科外来 特に専門外来という形はとらず、どのような症状やご病気で受診されるとしても曜日に関係なく受診していただけるような体制になっています。婦人科では一般の婦人科診療のほかに下記の診療も行っています。
不妊外来 各種検査および人工授精までの各種治療を行っています。
思春期・内分泌外来 思春期や女性ホルモンなどの内分泌環境の異常に対しての各種検査や漢方治療をはじめとする各種治療を行っています。
更年期外来 ホルモン補充療法をはじめとする各種治療を行っています。
悪性疾患 子宮・卵巣などの悪性疾患に対し正確な診断および治療方針を決定した上で、手術・化学療法を行っています。
その他検査および治療 ・高脂血症、骨粗鬆症に対する検査と治療
・加齢とともに増加する子宮や膣周囲の下垂に伴う尿失禁などの症状に対する保存的治療や手術療法の決定など

助産師外来 正常な妊娠経過をたどっている妊婦さんを対象に助産師が妊婦健診や保健指導を行ないます。
詳しくは特別外来のご案内:助産師外来のページをご覧ください。



◇手術

○一般的に行われる 子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮がん・卵巣がんなどの手術を行っています。また、開腹しないで行える、からだに侵襲の少ない下記のような手術も積極的に取り組んでいます。

・不妊症の精査や子宮外妊娠、卵巣嚢腫に対する腹腔鏡手術
・粘膜下の子宮筋腫や子宮内膜ポリープ、あるいは子宮内癒着に対する子宮鏡を用いた手術
・子宮脱や膀胱、尿道下垂に対する膣式手術
・あまり大きくない子宮筋腫に対する腹腔鏡併用の膣式子宮摘出手術
・初期子宮頸がん、外陰腫瘍に対するレーザー手術

◇自己血輸血

○当院では、前置胎盤、巨大子宮筋腫など手術時に出血量が増えることが予想される場合や、めずらしい血液型の患者さまには、手術の日程にあわせて患者さまご自身の血液をあらかじめ採血しておき、手術時に戻すという自己血輸血を積極的に行っています。

◇分娩予約

○詳しくは、分娩予約について〜分娩数制限のお知らせ〜をご覧ください。

◇分娩

○当院では、基本的に陣痛が発来してから入院していただく自然分娩を目指しています。また、子宮口の成熟度などいくつかの条件があえば計画分娩にも対応しています。

入院時の生活について ・入院期間は産後約1週間です。(帝王切開の場合は産後約10日間)
・入院時は基本的には4人部屋です。個室をご希望の方はお申し出ください。 
分娩立ち会いについて ・ご主人の立ち会いをご希望される方は、ご夫婦で母親学級を受講していただくことを原則として立ち会いを認めています。
分娩費について ・通常分娩:約48~49万円
・帝王切開:約47万円
(上記金額はあくまで一般的なケースですので、治療内容によって金額が異なる場合があります。)
・1人部屋、2人部屋をご希望される方は下記の料金(1日あたり)が追加されます。
1人部屋:蕨市民7,000円、市外8,500円
2人部屋:蕨市民2,000円、市外2,500円
・出産育児一時金の直接支払制度のご利用を希望される方はお申し出ください。
 詳細については、分娩予約時にご説明いたします。
里帰り分娩について ・ご実家へ里帰りなさる方は、施設により妊娠初期や中期のうちに予約が必要な場合がありますのでご注意ください。
・里帰り時期は、遅くとも妊娠9ヶ月末(35週)頃までに済ませ、帰省先の出産予約施設で診察を受けてください。
・妊娠中の経過によっては帰省の適否の判断を要します。また、医師の紹介状が必要になる場合がありますので、里帰りの前には必ずお申し出ください。
当院サービス ・分娩時生まれたばかりの新生児とともにデジタルカメラによる記念撮影を行なっています。
・出産後には、人生の大仕事を終えたお母さまにお祝い膳の提供、退院後にご夫婦で院内レストランでのバースランチご招待などのサービスをさせていただいております。
母親学級 ・妊娠中の健康法、食事法や分娩の準備、赤ちゃんの抱き方などを計2回のプログラムで行ないます。

このページへのお問い合わせ先

市立病院
郵便番号:335-0001
住所:蕨市北町2-12-18
電話:048-432-2277
E-mail:byouin@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。