トップページ > 各課・市内公共施設 > 秘書広報課 > まちの話題 > 東小児童がタグラグビーを体験

東小児童がタグラグビーを体験

最終更新日:2017年7月31日


2月2日、東小学校で、3年生を対象に「タグラグビー教室」が開催されました。
子どもたちに運動の楽しさを味わってもらうとともに、タグラグビーについて知ってもらおうと開かれたこの教室。
教室には、日本最高峰リーグでプレーする「NTTコミュニケーションズ・シャイニングアークス」の現役選手もお越しいただき、ラグビーの魅力を教えてくれました。

   
 ▲教室の始めは元気な声で「よろしくお願いします!」  ▲選手の皆さんのお話に子どもたちは興味津々
   
   280111-4
 ▲パスの練習も楽しくできました  ▲楽しい触れ合いに笑い声が響きわたりました
   
 280111-5  
 ▲選手によるデモンストレーションも  ▲最後は試合形式に挑戦


タグラグビーとは−

老若男女を問わず楽しめる新しいスタイルのラグビー。
身体接触や地面に倒れるプレーはなく、相手選手の攻撃を止めるために、腰に付けた「タグ」を取るのが特徴です。
1チーム4、5人で、試合は5分ハーフ程度が一般的です。

 


教室終了後には選手の皆さんをお招きし、一緒に給食を食べるなど、子どもたちはタグラグビーや選手たちとの交流を楽しみながら、その理解を深めていました。

このページへのお問い合わせ先

秘書広報課
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所3階
電話:048-433-7703
E-mail:hisho@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。