トップページ > 各課・市内公共施設 > 教育部 歴史民俗資料館 > 特別展 > Autumn Gallery 2017 「行灯-ANDON-&ほんわかILLUSTRATION」(歴史民俗資料館)

Autumn Gallery 2017 「行灯-ANDON-&ほんわかILLUSTRATION」(歴史民俗資料館)

最終更新日:2017年10月3日

Autumn Gallery 2017 「行灯-ANDON-&ほんわかILLUSTRATION」(歴史民俗資料館)

 

【プロフィール】

 

福島 哲郎〔行灯工芸作家〕

 

1942年生まれ、宮崎県出身。

宮崎県立宮崎工業高等学校インテリア科卒業。

定年退職を機に、ステンドグラスのガラスを布に替えた作品ができないかと試行錯誤を繰り返しながら

作品制作に没頭。

2004年にクロスアートの工房を立ち上げ、アーティストとしてデビュー。

第3回「GINZA de ART」特別賞、世界平和芸術文化名誉大賞、至宝芸術文化賞2015受賞。

『茶色の小びん』(川口市)、『ひまわり画廊』(宮崎市)など各地で個展を開催している他、

「日本ヨーロッパ交流展」、「ネオ・ジャポニズム IN タヒチ」「日本の美術全国選抜作家展」など

多数の展覧会に作品を出展。

また、フランスの『現代アーティスト名鑑』など数々の美術専門誌に掲載された他、日本・台湾の切手に

作品が使用されるなど、幅広く活躍している。

埼玉県川口市在住。

 行灯-チラシ

ILLUSTRASHION-チラシ 

 

【プロフィール】

 

うさみ のぶこ〔イラストレーター ほんわかお絵かき屋

 

私は1947年、鋳物の街、埼玉県川口市に生まれました。

その頃は我が家から電車がよく見え、レールを走る音も聞こえました。

子育てしながら幼稚園や小学校などのイベントのポスター作りに関わり、自分の時間が持てるようになると、

イラスト制作に没頭するようになりました。

2000年、タウン情報誌『雑誌かわぐち』の連載のお話をいただいた事で、本格的にオリジナル・イラストに

目覚めました。

パソコンを購入し、ソフトを使ってお絵かきをスタートしたのもこの頃です。

川口市から出たことのない私は、身近なもの、自分の目で見て体験したものしか描くことができません。

いつも頭にアンテナを立て、耳をダンボのように大きくし、目はカエルのようにキョロキョロとして

情報をキャッチしています。

 

主な展示作品〜福島 哲郎氏〜

 

秋の季節にぴったり。クロスアートによる幻想的な行灯の世界を存分にお楽しみください。

〜行灯工芸作家〜

福島 哲郎氏の主な作品

 行灯1  行灯2
 行灯5  行灯4  行灯3

 

<無断転載禁止>

主な展示作品〜うさみ のぶこ氏〜

 

ユーモラスでほんわか、あったかいイラストが特徴のうさみワールドを、ぜひお楽しみください。

〜ほんわかお絵かき屋〜

うさみ のぶこ氏の主な作品

AMAZING  明日も・・・ 
 あのね・・・  KANTATE  見上げてごらん宇宙の星を

<無断転載禁止>

 

会 期

 

平成29年10月28日(土)〜12月17日(日)

午前9時〜午後4時30分 ※月曜休館

 

ところ

 

蕨市立歴史民俗資料館

 

費 用

 

無 料

 

関連ファイル

クリックするとダウンロードできます。

このページへのお問い合わせ先

教育部 歴史民俗資料館
郵便番号:335-0004
住所:蕨市中央5-17-22
電話:048-432-2477
E-mail:rekimin@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。