トップページ > 各課・市内公共施設 > 蕨市立図書館 > 図書館まめ知識 > 第12回 「眺めてみませんか?」

第12回 「眺めてみませんか?」

最終更新日:2012年8月18日

京都府京都市北区には源光庵(げんこうあん)という趣のある古いお寺があります。

元禄7年(1694年)、卍山道白(まんざん どうはく)が再興したお寺です。

この寺の境内には、「悟りの窓」、「迷いの窓」という窓があり、次のような意味が込められています。

「悟りの窓」は、文字通り大きな円い形をしています。「円」は禅の世界では大宇宙を表しています。ゆえに、禅の心を表現しています。

「迷いの窓」は、煩悩の中に執着を表す「四角」を表現し、人間の生涯を象徴しています。

この二つの窓外に広がる自然の景色は窓と同化し、まるで一つの絵画のように見えます。

実は、蕨市立図書館にも一枚の絵画のような窓があります。ピクチャーウインドウのような代物ではありませんが・・・。場所は2階おはなし会室手前にあります。普段は子ども向けの催しで使用される部屋の脇ということもあって、目立ちません。

しかし窓を額縁に見立て、2歩3歩後ろに下がって、向うに広がる木々を眺めれば、見事な一枚の絵画が完成です。

ぜひ、図書館で読書や勉強の合間に、やってみてください。



 春の景色
2010年春

 秋の景色
2010年秋

 夏の景色
2011年夏

(出典)

角川日本地名大辞典 26 京都府 上巻   角川書店/出版

るるぶ京都 09〜10     JTBパブリッシング/出版

(お勧め資料)

物語ものの建築史 窓のはなし       鹿島出版会/出版

このページへのお問い合わせ先

教育部 図書館
郵便番号:335-0003
住所:蕨市南町1-12-1
電話:048-444-4110
E-mail:tosho@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。