トップページ > 各課・市内公共施設 > 健康福祉部 福祉総務課 福祉総務係 > 北朝鮮による日本人拉致問題

北朝鮮による日本人拉致問題

最終更新日:2019年3月5日

拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓い−奪還−」蕨市公演

平成31年2月7日(木)、蕨市民会館コンクレレホールにおいて、政府拉致問題対策本部、埼玉県及び蕨市の共催による拉致問題啓発舞台劇「めぐみへの誓い−奪還−」蕨市公演が開催され、蕨市立第二中学校の生徒を含む約650名が参加しました。
参加した皆さんは、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表の飯塚 繁雄氏の挨拶や劇団夜想会による舞台劇の上演などを通じて、拉致問題への関心を高めていました。

 ○主催者挨拶
  内閣審議官 岡本 宰
  埼玉県知事 上田 清司(代読 埼玉県福祉部長 知久 清志)
  蕨市長 頼高 英雄
○来賓挨拶
  北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 飯塚 繁雄 様
○拉致問題の概要説明(行政説明)
  内閣審議官 岡本 宰
○ミニコンサート「空と海の向こう」
  シンガーソングライター 山口 采希
○作品解説
  劇団夜想会主宰 野伏 翔
○舞台劇「めぐみへの誓い―奪還―」
  脚本・演出 野伏 翔
  上演 劇団夜想会

                                  iidukadaihyo8             

kazoku 

横田めぐみさんと両親を演じる(写真左より)原田大二郎さん 北煬子さん 石村とも子さん

zenin   

北朝鮮による拉致被害者家族連絡会 代表 飯塚 繁雄 氏 

「めぐみへの誓い−奪還−」 劇団夜想会

拉致問題啓発週間について

毎年12月10日から同月16日までは「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
北朝鮮当局による人権侵害問題に関する認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図るため、平成18年6月に「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。
蕨市では、蕨市生涯学習カレンダーに「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」を表示し、周知に努めています。

関連リンク

サイト内リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、蕨市公式ホームページ内のページです。
外部リンク用アイコン アイコン画像 で表示されているものは、外部サイトです。外部サイトは別ウインドウで開きます。

このページへのお問い合わせ先

健康福祉部 福祉総務課 福祉総務係
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所1階
電話:048-433-7753
E-mail:fsoumu@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。