トップページ > 各課・市内公共施設 > 健康福祉部 介護保険室 介護保険担当 > 介護保険 > 保険料を滞納すると(保険給付の制限)

保険料を滞納すると(保険給付の制限)

最終更新日:2018年8月15日

 介護保険制度は国の法律に基づく公的保険です。介護保険料の滞納が続くと、保険料を支払っている人との公平性の観点から、税金の滞納の場合と同様に、延滞金が加算されたり、財産差し押さえなどの滞納処分を受ける場合があります。
 また、介護保険のサービスを利用する際に、滞納していた期間に応じて以下のような保険給付の制限を受けます。

1年以上滞納すると

 介護サービスを利用するときには、いったん費用の全額が自己負担になり、申請により後から保険給付分が支給されます。

1年6ヶ月以上滞納すると

 保険給付分が、差し止められてしまいます。また、差し止められた保険給付分から滞納した保険料額が控除されます。

2年以上滞納すると

 自己負担の割合が3割または4割に引き上げられるほか、高額介護サービス費などの支給も受けられなくなります。

このページへのお問い合わせ先

健康福祉部 介護保険室 (介護保険担当)
郵便番号:335-8501
住所:蕨市中央5-14-15 蕨市役所1階
電話:048-433-7835
E-mail:kaigo@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。