トップページ > 蕨市消防本部 > 火災予防について > 住宅用火災警報器の設置箇所

住宅用火災警報器の設置箇所

最終更新日:2015年10月29日

 住宅用火災警報器は全ての『寝室』に設置します。
 ここでいう『寝室』とは、普段そこに居住する者が主に寝室として使用する部屋を指します。
 よって、子供部屋やリビングでも、居住する者が主に寝室として使用する部屋は全て『寝室』に該当します。
 しかし、お客や一人暮らしをしている子供が年に数回やって来て泊まる部屋、また、時々うたた寝をしてしまう部屋などは、『寝室』には該当しません。
 さらに、『寝室のある階の階段』にも設置します。しかし、寝室のある階によっては設置をしなくてもよい場合があったり、また、
これらの原則以外にも細かい取決めがありますので、下の例を参考にしてください。

            →蕨市火災予防条例を見る

      ※右の写真や図をクリックすると、設置箇所の詳細図が見れます。

2階建ての設置例

■一つの階にのみ寝室がある場合
 ≪1階に寝室がある場合≫
  1階の『寝室』にのみ設置します。


 


 ≪2階にのみ寝室がある場合≫
  2階の『寝室』に設置します。
  さらに、『2階の階段』にも設置します。

 


■全ての階に寝室がある場合
  全ての『寝室』に設置します。
  さらに、『2階の階段』にも設置します。

3階建ての設置例

■一つの階にのみ寝室がある場合
 ≪1階に寝室がある場合≫
  1階の『寝室』に設置します。
  さらに、『3階の階段』にも設置します。

 

 

 ≪2階に寝室がある場合≫
  2階の『寝室』に設置します。
  さらに、『2階の階段』にも設置します。

 

 

 

 ≪3階に寝室がある場合≫
  3階の『寝室』に設置します。
  さらに、『3階の階段』及び『1階の階段』にも設置します。


 

 


■二つの階に寝室がある場合
 ≪1階及び2階に寝室がある場合≫
  1階及び2階の『寝室』に設置します。
  さらに、『2階の階段』にも設置します。

 

 

 

 ≪1階及び3階に寝室がある場合≫
  1階及び3階の『寝室』に設置します。
  さらに、『3階の階段』にも設置します。

 

 


 ≪2階及び3階に寝室がある場合≫
  2階及び3階の『寝室』に設置します。
  さらに、『2階及び3階の階段』にも設置します。

 

 

  ■全ての階に寝室がある場合
  全ての『寝室』に設置します。
  さらに、『2階及び3階の階段』にも設置します。

平屋建てや共同住宅の場合

■平屋建ての場合
 『寝室』に設置します。

 

■共同住宅の場合
 各住戸の『寝室』に設置します。
 ただし、寄宿舎や下宿など屋内階段を共同で使用する場合などは、『階段』にも設置します。

このページへのお問い合わせ先

消防本部 予防課
郵便番号:335-0005
住所:蕨市錦町5-1-22
電話:048-441-0174
E-mail:yobou@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。