共通メニュー

トップページ > 蕨市立病院 > 病院の紹介 > 沿革 > 沿革

沿革

最終更新日:2018年11月8日

蕨市立病院の沿革−誕生から現在まで−

昭和25年1月



昭和27年8月




昭和28年1月
昭和29年9月
昭和30年11月
昭和31年8月
昭和34年4月
昭和37年4月
昭和38年1月
昭和39年5月
昭和44年3月

昭和44年12月
昭和45年9月
昭和45年10月
昭和45年11月
昭和46年2月
昭和47年2月
昭和48年11月
昭和49年10月
昭和52年11月
昭和53年

昭和55年6月
昭和55年11月
昭和57年3月
昭和57年7月
昭和57年8月

昭和57年11月
昭和59年2月
昭和59年8月
昭和59年11月
昭和59年12月
昭和60年1月
昭和60年4月

昭和61年4月
昭和61年10月
昭和61年11月
昭和62年1月

昭和62年2月
平成元年7月
平成元年9月

平成2年12月

平成3年3月
平成3年6月
平成4年5月
平成4年6月
平成4年9月
平成6年6月
平成7年4月
平成8年1月
平成8年11月

平成9年2月
平成9年4月
平成9年12月
平成10年11月
平成11年2月
平成12年4月
平成13年3月
平成14年1月
平成15年7月
平成15年11月


平成15年12月

平成17年7月
平成17年10月
平成18年2月
平成18年4月
平成18年11月
平成18年12月
平成19年3月
平成19年7月
平成19年10月
平成20年1月

平成20年3月
平成20年9月
平成20年11月
平成21年3月
平成21年6月
平成21年11月
平成22年4月
平成22年8月
平成22年10月
平成23年1月

平成23年4月
平成23年7月
平成24年1月
平成24年7月
平成24年9月
平成24年11月
平成26年9月

平成29年6月
平成29年12月
○蕨町大字蕨34番地に町立国民健康保険直営診療所として開設。町立病院の前身
となる。敷地面積56.58坪(186.7平方メートル)、木造平屋建て28.25坪(93.2平方メー
トル)。診療科目は内科、小児科で医師3人、看護婦1人、薬剤師見習い1人、事務員
1人、用務員2人の計8人。当時の人口、6,494世帯、29,846人
○蕨町大字蕨3685番地(現在地)に、国民健康保険直営町立病院として開設される。
診療科目は、内科、小児科、外科で、病床数は一般病床32床、敷地面積1,897.6坪
(6,262.1平方メートル)、建物、木造一部二階建て延444.55坪(1,467平方メートル)。
医師8人、看護婦10人、薬剤師2人、X線技師1人、ボイラー技師1人、調理員2人、
事務員2人、用務員2人の計28人。当時の人口6,530世帯、31,120人
○産婦人科を増設
○眼科を増設
○耳鼻咽喉科を増設、6科になる
○第2病棟36床を増設、計68床となる
○市制施行に伴い、市立病院となる
○人間ドック開設(43年廃止)
○地方公営企業法適用(財務適用)
○7床増床、計75床となる
○増改築建設工事に着手
○国保直営から離れる
○病棟部分のうち72床が完成
○整形外科を増設、7科となる
○基準看護・1類の承認をうける
○全工事が完成し、現在の7科、130床の総合病院となる
○救急告示病院の指定をうける
○基準看護特類の承認をうける
○人工透析を開始(3台)
○基準看護・特2類の承認をうける
○人工透析装置1台を増設、4台になる
○厚生大臣が定める身体障害者運動療法施設基準に適合していると
埼玉県知事より承認される
○人工透析室を移転、増設、9台とし、人工透析科を設置する
○CCU室を新設、2床の装置を設置
○ICU室を新設、2床の装置を設置
○病棟冷房設備設置
○重症者看護・収容5床認可
○病院開設30周年記念誌発行
○医療事務のコンピュータシステム化開始
○救急処置室増設
○外来駐車場拡張工事
○入院患者の6時給食(夕食)の実施
○外科用超音波断層装置購入
○光凝固装置購入
○医療事務の一部を民間委託
○財務管理システムのOA化開始
○電算機のモデルアップ及び診察券(エンボスカード)の発行
○CT導入試験運用開始
○CT稼動
○外来、職員便所改修(これにより1階部分の改装は全て完了)
○透析室改装に伴い透析器械の入替
○2階、3階病棟集中集塵装置稼動
○中庭整備
○ミニギャラリーオープン
○サービス棟改修工事着手
○本館改修工事着手
(1階外来各科、脳外科新設、事務局外等改修工事)
○駐車場整備
○脳神経外科を増設
○2層式駐車場完成
○レストランオープン
○連続血管撮影装置稼動
○土曜外来診療休診
○土曜外来診療再開
○夜間透析開始
○心電図受信装置システム設置
○脳神経外科廃止
○蕨市立病院駅前看板設置工事
○医療廃棄物処理業務委託(焼却炉撤去)
○埼玉医科大学と産婦人科医師派遣協定
○人工透析業務拡大(月から土2クール実施)
○CTスキャナシステム一式入替
○小児科院外処方開始(希望者)
○リハビリ棟建替工事
○皮膚科院外処方開始(希望者)
○お見舞いメール制度開始
○再来受付機運用開始
○新医事システム運用開始
○新臨床検査システム運用開始
○オーダリングシステム運用開始
○小児科外来診察室改修
○デジタル画像処理システム稼動
○MRI(磁気共鳴断層撮影装置)稼動
○放射線科標榜
○女性外来開始
○簡易脳ドック開始
○第2次オーダリングシステム運用開始(入院)
○女性外来休止
○X線CT装置一式入替(16列設置)
○産婦人科診察室新設工事
○小児科午後診療開始
○助産師外来開始
○産婦人科3診体制となる
○連続血管撮影装置停止
○蕨市立病院経営改革プラン懇談会から提言
○病院経営改革プラン策定
○地域医療連携担当の設置
○内科第4診察室新設工事
○地域医療連携室を発足
○レントゲンフィルムレス化(PACS導入)
○冷温水機取替工事(厨房・外科系統)
○病院経営改革プラン外部評価委員会設置
(平成28年に病院経営改革プラン外部評価員会へ名称変更)
○病院院内保育所「キンダーガーデン」開所
○防犯カメラシステム機器設置
○健康増進外来(抗加齢医学に関する専門外来)開設(平成29年廃止)
○NST室新設
○放射線科標榜取り下げ
○オーダリングシステム更新
○第2次病院経営改革プラン策定
○眼科第2検査室設置
○第2次病院経営改革プラン改訂版(追加分)策定
○PACSシステム更新(画像データ容量の拡大)

このページへのお問い合わせ先

市立病院
郵便番号:335-0001
住所:蕨市北町2-12-18
電話:048-432-2277
E-mail:byouin@city.warabi.saitama.jp

蕨市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見等をお聞かせください。

役に立った、見づらいといった具体的な理由を記入してください。なお、頂いたご意見等への回答は、致しませんのでご了承ください。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。